\即日キャッシングおすすめ1位/


急な用事でも、アプリでお金が引き出せるプロミスは頼りになります
ネット申し込み受付中
>>プロミス公式はこちら<<

トップページ > 北海道

「急な出費でどうしても今すぐ現金が必要。」
「給料日までお金もないしどうしよう。」

当サイトでは北海道で即日キャッシングをご検討中の方に、今すぐお金を借りれる会社をご紹介しています。すぐ今日中にお金を借りたいなら、即日融資・即日審査に対応している大手のキャッシングがおすすめです。(※最短1時間で借りられます。)

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日キャッシングも可能です

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

「家族にバレたくない」「職場の同僚にバレたくない」とお悩みの方へ。スマホを使ったネットでのお申し込みは、手間がかからず誰にも見られず内緒でできます。郵送物なしで借りたいならプロミスの他にモビットのWEB完結も評判です。

北海道の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

キャッシングのコラム

カードローンなどは、ここ最近、審査基準が厳重になって、定期収入がなければ借りられないといったイメージがあります。専業主婦や無職の方のように働いていないケースではお金を借りることは出来ません。ただし、大手の業者以外の中小業者なら、働けない生活保護を受給している世帯でもカードローンができることがあります。金融機関から融資を受け、現金を手にするのがキャッシングです。主な方法としては、消費者金融や銀行に代表される金融機関のカードローンを使ったり、クレジットカードに付帯したカードローン枠を使って必要なお金を融資してもらうことを意味します。当然ですが、借りたお金には利子が付くので、借入金額より返済金額の方が多くなります。利息の計算方法はクレジットカードのものと同じなので、一回払いだとしてもお金が口座から引き落とされるまでにかかった日数で、日割りの金利が付きますから、気を付けておきましょう。カードローンを利用したい人は大勢いると思いますが、カードローンの利用にあたっては厳しい審査にパスする必要があります。何らかの問題があると審査落ちになり、お金を貸してもらえません。よくある審査落ちの要因は、収入に対して大きすぎる借入希望額や、クレジットカードや携帯電話料金など、何かしらの支払いが滞納したことが問題になりやすいようです。後者の場合は、信用情報機関に記録が残されますから、身に覚えのある方は情報が消えるまでは、審査が厳しくなると思います。消費者金融からお金を借りる手続きをしたいという考えになったら、いくらまで貸してもらうことができるのか?と不安になる方も多いのではないでしょうか。可能な限り多く貸してほしいと思うかもしれませんが、法律によって年間収入の1/3までと規制されており、借り入れすることができません。カードローンの借り換え先を選定する際は、まず低金利であるかどうかをチェックすることが大拙です。銀行系のキャッシングは低金利なことが多いのですが、審査が厳しく、審査結果がわかるのも遅いのが難点です。他にも元々借り入れている先のローンが低金利だった時、審査も厳しくなりますから、よく考えて借り換えをしましょう。とても便利なものなので、融資が必要になった時は、カードローンサービスの利用を検討してみてください。申請に必要な運転免許証や書類を用意して、無事に審査を通過すると、業者によっては当日中にカードローンが利用できます。中でも、一般的に名前の知られている大手の消費者金融のキャッシュサービスは、生活圏のコンビニに設置されているATMや大手銀行のATMからでも手続きが可能です。多くのATMが24時間対応ですので、思い立った時に利用できますし、周囲の目を気にする必要もありません。改正された貸金業法で1社で50万、もしくは他社と合わせて100万を超えるカードローンの場合は年収額を証明できる書類等を提出する必要がありますが、逆に言うとそれより少なければ年収がいくらであるか証明しなくてもよいとも考えられます。ですが、それより小額でも年収を証明できる書類があったほうがいいかもしれません。現状の借入先より低金利の会社に借り替えをするのはほとんどの場合でお得になる方法です。多くの借入先がある時は、一本にまとめることが借り換えで行えるのなら、ますますメリットは大きくなります。借入先を一本にまとめることにより、返済先が一箇所で済むため、返済の管理が何よりも簡単になり、なおかつ、借入額が高額になることによって低金利にも繋がります。カードローンというフレーズは、いわゆる貸金業者から大きな金額ではなく、数万円前後くらいからの借金を借り出すということを指しているのです。業者からお金を借りるという選択肢を選ぶなら、通常は保証人に判を押してもらい、不動産なども担保としなくてはなりません。ところが、カードローンを使うという際には用意が難しいことも多い連帯保証人や、不動産などの担保の強制もありませんから、スムーズに手続きしていくことが可能です。申込者に間違いがないという証拠になる本人確認可能なアイテムだけで、ほぼほぼお金の融通をしてもらえると考えていて良いでしょう。後悔しないためには、カードローンでお金を借りる時にはそれぞれの金融機関が提供しているキャッシングサービスを理解し、比較することが大事です。今では、パソコンやスマートフォンから手続きのできる便利なサービスもありますし、銀行やコンビニATMに対応している業者も珍しくありません。申し込んだ後、別の便利なサービスを知っても遅いので、サービスは入念に比較しておくようにしましょう。カードローンの総合情報サイトや各業者の口コミがまとめられたサイトもいろいろとあるので、しっかりと読んで、ご自分に合ったカードローンを見付けてください。

おすすめ1位のプロミス